早稲田大学現代文学会 公式サイト

「更新情報」よりまとまった情報をご覧いただけます。

早稲田大学現代文学会とは?

早稲田大学現代文学会(通称:げんぶん)の歴史は古く、日中戦争の頃から存在するという記録もあります。 主な活動は、読書会・勉強会、講演会の企画、機関誌の発行・販売の三つです。 しかし実際には、これだけではないのです。 部室でお喋りしてみたり、外でお酒を呑んだり、部室のパソコンをいじったり…… あなたのこうした活動全てが、げんぶんの活動にもなるのです。 つまり、あなたによって現文は変わっていくのです。
 
げんぶんは特定の色を持ってはいません。 会員一人一人が強烈な個性を持ち、その方向性は様々です。 文学一般・批評理論・哲学・思想・映画・音楽・演劇など、これらの他ジャンルが絡み合うところに関係が築かれていきます。 全く違うことをやっている人から多大な刺激を受けたり、方向が似た人と一緒に読書会を開いてみたり。 何よりも会員のみなさんが今一番やりたいこと、勉強したいことを支える場がここにはあります。
留学生の方も、大歓迎です。2013年度にはエストニアから来た留学生もいらっしゃいました。
 
そんなげんぶんですが、主な活動は三つあります。それぞれ説明します。
まず一つ目が、勉強会です。勉強会とは、日々の学問的関心から来る探求についての相談や結果報告です。大学に入ると様々な学問分野を勉強するようになります。その時、一人ではどうしても充分に解決できない場合があります。例えば自分のレポートや演習の発表のアイディアがうまく浮かばないときや、浮かんでいるけれど客観的に見てほしいときなど。そんなときに自分で開催して、会員がそれを助けるのが勉強会です。
 
次に、読書会です。げんぶんの読書会は他のサークルと少なからず違ったものとなっています。まず、普通の文芸サークルで は司会や開催者が意見を言うことが中心となっていますが、げんぶんでは参加者全員が参加する形式となっています。もちろん、全員参加といってもきちんとした意見を言うのではなくて、何でも良いから感想を言ってみよう、というものでハードルはとても低いものです。次に、普通の文芸サー クルでは論点を開催者が絞ってしまうのですが、この読書会では開催時にだんだんと論点が決まっ ていく形式をとっています。みんなの意見を司会が総合して議論の方向を定めていくのです。最後の三つ目ですが、それは結論が複数あるというものです。その理由は、この読書会の最大の目的は 一冊の本についてどれほどの読み方がありえるか、というのをきちんと提示していくことが大事だという方針があるからです。ただ「人それぞれの読み方がある」と言うのではないのがポイントです。議論の結果、参加者全員が認める複数の読み方を提出する、ということを重視しています。
 
勉強会、読書会という二つの活動の紹介を終えました。
最後に、三つ目の活動である講演会について説明します。
講演会は、会員が学問的な関心を持って講演会を企画して、その意図に沿った人物にお越し頂いて講演をしてもらうということです。
 
以上で主な活動についての説明を終わります。ちなみに、これらの活動の総合的な位置に機関誌「Mare」があります。年二回、文学フリマにて頒布しています。
 

ところで、サークルの名前に付けるには、「現代」という言葉はあまりにもいい加減であるように思えます。発足した昭和10年ごろから今まではとりあえず「現代」という範疇に収めてもいいでしょうが、今日の「現代」は絶対にいつの日か「現代」では決してありえなくなるのですから。例えば今から2000年が経ったとして、残された我々にとっての「現代」の何かしらのアーカイヴがあったとして、そこにまったく偶然にも「早稲田大学現代文学会」の名があったとして、それが解読できた我々とそんなに変わらない人間がいたとしたら、彼/彼女はきっとその名前に寒々しい気持ちがするに違いありません。恐ろしく古色蒼然としたものに大辞泉の言うところの「現在の時代。今の世。当世。」という名前がついているのですから。この名前は長く保存されることにはまったく向いていないと言わざるを得ないでしょう。

「現代」という言葉のいい加減さは、しかし、そのまま身動きの取りやすさにつながりもします。「現代」という言葉はそれを発する主体と結びつかなければ何も意味を成しません。ですから、大学サークルという性質上、世代交代が不可避であるげんぶんは、その都度その都度の集う人々の「現代」によって自在に変化することを名にし負う共同体であるわけです。それがおそらくある程度は実際に行われたから、ともかく現在のげんぶんがこのように現存するのでしょう。上の「主な活動」だって、この公式サイトが出来てからはほとんど同じですが、それは単なる偶然に過ぎません。ですから、この共同体に対しての私の望みは、それが存在することと言うより、それが生成することです。成長ではなく生成です。成功ではなく生成です。早稲田大学現代文学会は今幸いにも部室を有していますが、永く存在して欲しいのは、極言すれば、人が集まる場、それだけであると思います。

そのとりあえずの今、ここを表すものとして、私はあまりにもそれらしく、自分の携帯電話のメモ帳にあった、どこから引いたのかはっきりしないニーチェの一節を置いておきます。おそらくアガンベンの『開かれ』からの孫引きではないでしょうか。

 

  われわれは真理によって駄目になってしまわないために、芸術を持っているのだ。

 
 

【Mare vol.5】序文――フラッシュ・クラッシュ

本記事はMare vol.5所収の「序文――フラッシュ・クラッシュ」の全文です。ブログに掲載するにあたって、一部表現を改めた箇所があります。

 

 今回、『Mare』vol.5のテーマは「アンチ・タイムライン」となった。本誌の編集長は中川から麻木に交代したが、本号のテーマは前号の中川による『Mare』vol.4の序文の一部、「タイムラインはフィクションだ」(p.17)に滲む気分を、幾らかひきずっている。そこで、我々は二人の名の下にこの序文を書いている。とはいえ、前号と今号のテーマが全く同じというわけでもない。以下で、我々の問題意識を述べてみる。


 例えば、Twitterにおいて、仕様変更がなされたとき、タイムライン上にその変更の形跡は一切残らない(理屈の上では、そのはずだ)。ある日突然「お気に入り」が消滅し、よく似た機能として「いいね」が追加されるだろう。「お気に入り」が消滅したという事実は、タイムラインのどこにも刻まれない。こんなツイートがあった。

これは車輪の再発明ではない。ここでは、車輪が消えるならば、それがかつて発明されたという事実ごと消えるのだから。


 上と同様にして、次の場合を考える。例えば、ログインしたアカウントの内容の一切が、仕様変更で書き換わっていたとする。投稿も、フォロワーも、タイムラインも、何もかもが見覚えのない何かになる。しかしそれでも、別のアカウントに「なったという事実はどこにも刻印されない。そもそも世界には何の変化も起こらない。変化が起こるためには、このような激変(それだけが現に在るものが変わるという)にもかかわらず、記憶をそのまま連れて行く、という不思議なことが起こる必要がある。[……]ところでしかし、これが、時間の場合に起こっていることなのである。われわれはいわば刻々と「あれがもとの私だ」「こいつがこれからの私になるのだ」と呟いているわけである」(永井均「Ⅲ 時計の針について」(ジョン・エリス・マクタガート『時間の非実在性』永井均 訳・注解と論評、2017年2月、講談社学術文庫)p.259)。永井の記述をこう読み換えたい。さながら、一つの呟きごとに別のアカウントに転生するようにして私というものが在るのだ、と。そして、内容を欠いた記憶が、いわば記憶なるものが成立するという事態こそが、空間の広がり、時間の流れに先立つようにしてあるのだ。 


 なぜ「アンチ・タイムライン」かといえば、我々は、この記憶なるものが成立するという事態そのものの、揺らぎを感受する、そう主張したいからである。ファンのあげる悲鳴のような音が突然途切れ、画面がブラックアウトするモニター。あるクラッシュを想定してみよう。確かに、むしろクラッシュは、身体の機能不全の方をこそ容易に想起させるだろう。しかし、クラッシュを、世界や、時間や、それに先立つはずの、この記憶なるものが成立するという事態の破綻として捉えることも、できるのではないか。/――私は、何らかの終わりを強調したいのではない。むしろ、この壊れこそが、ある根源的な変化という概念、変わらないものがないということの、証しとなるのではないか。/――私は、私の誕生を否定し、私を誕生させた世界を否定し、この世界の開闢を否定する私は、このクラッシュの瞬間こそが、開闢と終末の一致する点なのではないかと、問う。/――私のことなどはどうでもよい。クラッシュを、よいクラッシュを。世界のフラッシュ・クラッシュを。/――それでいいのか?/――私は/――私/――/……。


 このあたりで我々は、無数の私たちになって漂いはじめるのだが、つまるところ、ここまでがクラッシュした我々の限界であり、そして再起動によってただ一つの私が始まるのだ、ということであろう。

 
(麻木暁 + 中川大)

【新刊】Mare vol.5 目次【第27回文学フリマ東京 キ13】

お久しぶりです!

 

早稲田大学現代文学会は第27回文学フリマ東京にてMare第5号「アンチ・タイムライン」を1部500円発行します。

タイトルそしてテーマである「アンチ・タイムライン」という言葉が気になる方は明日、本ブログにて公開する序文をお楽しみに……!

その他の情報についても後日ツイッターやブログにて順次告知していく予定なので、お見逃しなく。

 

書影はこちらになります。

 

 

f:id:genbun_e515:20181115223036p:plain

 

以下目次。

 

 序文――フラッシュ・クラッシュ /麻木暁+中川大

 

ピーター・ティール論――封建主義2.0のススメ /木澤佐登志

 

あのこの出るまで繰り返せずに /綿貫友哉

 

カイエ:ジル・ドゥルーズ「文学と生」(『批評と臨床』所収) /麻木暁

 

春、三年目、ある日。 /元山紘一

 

痛み――インゲボルク・バッハマン「三十歳」について /ケイ

 

 

 

6月の勉強会・読書会予定

現代文学会の読書会・勉強会は、会員の方でなくとも参加可能です。

詳細はTwitter@genbun_e515)のDM、

または genbune515@gmail.com までお問い合わせください。

 

6月5日(火)18:15~

第三回「物語のディスクール」勉強会(第2章より)

 

6月6日(水)18:15~

第四回 安部公房勉強会(Richard F.Charichman『Beyond Nation』第1章第1節)

 

6月12日(火)18:15~

第四回「物語のディスクール」勉強会

 

6月13日(水)18:15~

第五回 安部公房勉強会

 

6月14日(木)18:15~

読書会 フランツ・カフカ「巣穴」

    ハーマン・メルヴィル「書記バートルビー

 

6月19日(火)18:15~

第五回「物語のディスクール」勉強会

 

6月20日(水)18:15~

第六回 安部公房勉強会

 

6月26日(火)18:15~

第六回「物語のディスクール」勉強会

 

6月27日(水)18:15~

第七回 安部公房勉強会

【新刊】Mare vol.4【第26回文学フリマ東京 カ-62】

『Mare vol.4』Nowhere

中川大  NoWhere/NowHere―本誌のテーマに寄せて

迅竜鳴牙 ルドン展雑感

綿貫友哉 チカちゃん、夢の回想録

麻木暁  移動書架

山田裕仁 全体主義芸術における建築の差異―スターリン・ゴシック出現の必然性について

藤原歩  移る

迅竜鳴牙 試み

津川仁志 「無限ハグ」と「無限ハグ・エターナル」の起源は「忍法・夢幻泡影」だった⁉

金久西胡 力こそパワーの論理と倫理―パスカル、『北斗の拳』、やる夫、他

片倉直弥 人間の発酵について

 

第26回文学フリマ東京にて、『Mare vol.4』を頒布(¥500)します!

文学フリマ - 第二十六回文学フリマ東京 開催情報

日時:2018年5月6日(日)11:00~17:00

会場:東京流通センター 第二展示場

ブース:カ-62

お越しの際には是非お立ち寄りください。

4月下旬&5月の勉強会・読書会予定

現代文学会の読書会・勉強会は、会員の方でなくとも参加可能です。

詳細はTwitter@genbun_e515)のDM、

または genbune515@gmail.com までお問い合わせください。

 

4月22日(日)13:00~

安部公房読書会 第一回『砂の女

 

4月24日(火)18:15~

イヴ・K・セジウィック『男同士の絆』検討会

 

4月27日(金)16:30~

『バカカイ―ゴンブローヴィチ短編集』読書会

 

5月8日(火)18:15~

勉強会『物語のディスクール』 第一回

 

5月9日(水)18:15~

安部公房読書会 第二回

 

5月12日(土)13:00~

『バカカイ―ゴンブローヴィチ短編集』

『コスモス』読書会

 

5月15日(火)18:15~

勉強会『物語のディスクール』 第二回

 

5月16日(水)18:15~

安部公房読書会 第三回

 

5月19日(土)13:00 〜

読書会 フェルナンド・バジェホ『崖っぷち』/村田紗耶香『消滅世界』


5月22日(火)18:15~

勉強会『物語のディスクール』 第三回

 

5月23日(水)18:15~

安部公房読書会 第四回

 

5月26日(土)13:00~

読書会(内容未定)


5月27日(日)13:00 〜

新歓勉強会「再帰的近代としての新感覚派

 

2018年度新歓活動予定【随時更新】

早稲田キャンパス内に新歓ブースを設置します。

会員が常駐し、活動内容の説明をいたします。ご質問等あればお気軽に!

〈場所〉早稲田キャンパス14号館前

f:id:genbun_e515:20180331014957p:plainf:id:genbun_e515:20180331015001p:plain

〈日時〉

4/1(日)9:00~17:00

4/2(月)同上

4/3(火)同上

4/4(水)9:00~16:00

また、上記期間中は部室(学生会館E515)も開けていますのでご自由にいらしてください

 

◎新歓勉強会、読書会を開催します!(予約不要、学外の方・二年生以上も歓迎)

4/3(火)18:15~ @E515

少女、No Future ―― 桜庭一樹砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』と成熟

担当者:喜田

 大人になれないと、子供のまま死んでしまうのだろうか。だが、大人になるとは、もはや子供としては死ぬということではないのか。桜庭一樹の小説、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の結末には次のような一節がある。「砂糖でできた弾丸[ロリポップ]では子供は世界と戦えない」。この小説は、成熟、つまり大人になることを問題にしている。ざっと読むならば、この小説は語り手の少女、山田なぎさを中心とした、一種の成長譚である。

 だがそれだけではない。ここでは、ゼロ年代批評とクィア理論、具体的には大塚英志とリー・エーデルマンの議論を参照しながら、桜庭一樹砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』を読解する。大塚とエーデルマンは、それぞれ、成熟を独特な観点から問題にしている。私が試みたいのは、あまり生産的ではないかもしれないが、両者の議論を手掛かりに、作中で殺された少女、海野藻屑とその非成熟を、なんとかして肯定することである。

※1日より新歓ブース、部室にて、リー・エーデルマン「未来は児童の商品」(『ノー・フューチャー ―― クィア理論と死の欲動』)部分訳を配布しています。

 

4/4(水)18:15~ @E515

ボルヘス読書会

担当者:小林

 全員でホルヘ・ルイス・ボルヘスの『バビロニアのくじ』と『八岐の園』を読んで、考えたことをお互いに話し合う予定です。

 

4/10(火)18:15~ @E515

バーチャルYouTuberを人形メディア論と心の哲学で読み解く

担当者:津川

 ハロー!「バーチャルYouTuber大好き哲学おじさん」の津川だよ!バーチャルYouTuberはこんなに人気になっているのに、評論はまだまだ少なくて世知辛いのじゃ。そして、アカデミックなものにいたっては皆無でふぁっ○ゅー。でぇ、ちょうど「人形とホラー」という「人形をメディア論で論じる講義」があったので、人形メディア論と心の哲学を使って初めてバーチャルYouTuberを論じました。嬉しいです。ここを聖地と呼びたい。ここまで読んで、「こいつぁすげえや!」と思ったあなたも、「こいつぁひでえや!」と思ったあなたも、もし気になってくれたらマイリスト……じゃなくてスケジュールに登録してね。なんてな!

 

4/12(木)18:15~ @E515

エロマンガジェンダー 〜「男性向け/女性向け」を超えて〜

担当者:津川

2004年にマーサ・ヌスバウム(「性的モノ化」の提唱者)が「法の制定ではなく感情の表出による抑圧」を"shame"と問題化し、2011年には「性的な活動や情報に自発的にアクセスする女性への批判」が"slut-shaming"と概念化される流れで、日本でも女性向けエロマンガについての学術書がフェミニズムクィア理論の領域から出版されるようになりました。『欲望のコード』(2009)『女はポルノを読む』(2010)『BL進化論』(2015)……。これらの著作の共通点は、性描写を含むマンガを「男性向け」「女性向け」に分類した上で、(少なくとも女性が読む上では)女性向けエロマンガが優れている、と主張していることです。「ガンガン系などの出現以降、マンガを主な読者の性別で分類するのはナンセンスでは?」とか、「それは本質主義では?」とか、独自に行った男性向けエロマンガ雑誌の各作品の分類もお示ししつつ、小一時間批判する会になると思います。

 

4/16(火)18:15~ @E515

村田沙耶香「コイビト」読書会

担当者:藤原

 村田沙耶香「コイビト」(『授乳』、新潮社、20104)を読んで意見交換をします。意見といっても、本文はこちらで用意し、その場で少しずつ読んでいくので、手ぶらでいらっしゃって構いませんが、文庫本で70ページほどあるのでちょっと長丁場になるかもしれません。

 村田沙耶香作品には、たとえば『消滅世界』における「家族」や、『コンビニ人間』での「普通の人間」のありかたといった「ルール」が頻出します。主人公は、それらが自らの外側からやってきたものであることを強く自覚しているのですが、その際の根拠となる主人公の身体さえ、決して周囲から独立してはいません。硬質さ、あるいはなにかたどたどしい響きをはらんだ、本作のタイトルである「コイビト」という表記は、そういった「ルール」の異物としての側面を強力に打ち出しているように思います。

 少々癖のある作品ですが、ご参加いただければ幸いです。よろしくお願いします!

※読書会について

genbun-e515.hatenablog.com

 

4/19(木)14:45〜 @E515

ウェルベック勉強会

担当:片岡

 

日程未定

ハイナー・ミュラー『カルテット』読書会

担当者:紺野

 この読書会では戯曲を読みます。作品として成立しているのかすら不明とされてきた分野ですが、鑑賞の対象として流通するものがある以上看過するにせよ身振りを伴わなねばなりません。せめて開き直れるように、戯曲を読むという行為への皆さんの意見を聞いてみたいです。

 ハイナー・ミュラーはドイツ及び東ドイツの劇作家、演出家で、演劇史ではブレヒトの後継者とされています。彼らは平均化と扇情の装置としての物語や劇的なものに対する反省あるいは反動であるアンチドラマの立場をとっています。

 読書会ではこの戯曲を手がかりに皆さんと議論をし、出来たら上演と劇や死滅すべき劇的構造の中でいかに振る舞うかについて現代思想を思い出しながら考えてみようと思います。戯曲は30pほどでその場で配布し、読んでもらう形式です。お気軽にお越しください。まぁまぁ異形の戯曲で面白いので今回来なくてもいつか読んでみて下さい。

 

5月上旬予定

再帰的近代としての新感覚派

担当者:片倉

※日時・詳細後日