読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田大学現代文学会公式サイト(部室は学生会館E515)

カテゴリにある「更新情報」の頁を参考にするとまとまった情報が手に入ります。

おはなみ!

こんにちは。幹事長の佐藤です。

春です、桜です、お花見です。

というわけで、げんぶんもお花見をやります。

早速ですが、日時の方から。

  • 集合時間:4月6日(日)11:00
  • 集合場所:部室(学生会館E515)
  • お花見開催場所:埼玉県さいたま市中央区与野公園
  • 持ち物:食料は現地のコンビニで買えるので各自の判断に任せます。また、筆記用具、紙にメモするのを安定させるものを持って来てください。
  • 参加希望者はy2o2n2e2.2j2u2n2k2e2r2.1973@gmail.com(2を除く)まで、お名前・ご所属(学年・学部・名前、他大生は大学名も)なるべく事前にお知らせください。OBの方も突然ではなくて必ず参加する旨を上記メールアドレスに送信してください。

※当日の天候によって開催するか否か決めます。開催状態連絡は10:00頃にします。

 ただし、ただのお花見をするのではありません。ある作品に登場する行程をなぞってみよう、という試みなのです。その作品とは、先日当サークルでも読書会を行った大西巨人の短編「老母草」です。「老母草」は文芸サークル員数名が桜の名所として名高い埼玉の大宮公園ではなくて、そのはずれにある与野公園に行くことにするところから始まります。読書会をしている中でふとあるサークル員が「これ、このままの行程で行けるんですか」と問うたところ、埼玉在住のサークル員が「行けると思う」と言い、そうして今回の花見企画が実現しました。

ところで、げんぶんのブログをチェックしてくださった方は今不思議に思っていることがあると思います。6日は円城塔「捧ぐ緑」の読書会と日程が被っている……。これは日程ミス? いや、違います。これを開催するのです!

円城塔読書会@満開の桜の木の下で

というわけで、与野公園の桜の下で円城塔「捧ぐ緑」の読書会を行いたいと思います。晴れ男を自負する幹事長が開催する読書会なのでお花見読書会になるはずですが、万が一雨になった場合は部室で通常の読書会を行うのでそれはそれでよろしくお願いします。

以上です。

広告を非表示にする